川根本町移住ナビ

静岡県「川根本町」公式の移住情報サイト

ブログ・コラム

川根本町初の移住コーディネーターです。よろしくお願いします!

左)鈴木敏夫・川根本町長、右)移住コーディネーター・神東美希

こんにちは、川根本町初の移住コーディネーターとして2020年4月から活動している、神東美希(かんとうみき)です。

「初めまして」なので、まずは自己紹介しますね。

   

川根本町在住9年の移住者です

愛媛県出身、年齢非公開。

愛称:川根のみきてぃ

趣味:家でゴロゴロ  特技:韓国語、文章を書くこと

2011年4月に緑のふるさと協力隊として初めて川根本町にやって来ました。

それまで川根本町はもちろん、静岡県さえ来たことがありませんでした。

親戚も知り合いもゼロ。

「かわねほんまち?」「かわねもとまち?」と読み方すら知らなかったほど。
(正しい読み方は「かわねほんちょう」です)

2011年の2月ごろ、緑のふるさと協力隊の事務局から「あなたは静岡県川根本町へ行ってください」と連絡があり、慌ててインターネットで調べたのを覚えています。「コンビニが二つもある!」なんてホッとしたりも。

緑のふるさと協力隊時代(2011~2012年)

緑のふるさと協力隊時代は、農作業や各種イベントの手伝い、地域の伝統行事(祭りや神楽)に参加したり、住民へのインタビューを行ったりしていました。

あっという間の一年で、「このまま地元の愛媛に戻るのはもったいないな」「この町の人たちと一緒に地域を元気にしたい!」と思い、川根本町へ残ることを決めました。

   

観光・まちづくりの仕事をしてきました

川根本町エコツーリズムネットワーク時代(2012~2015年)

2012年からは「川根本町エコツーリズムネットワーク」の事務局の仕事を始めました。川根本町の自然資源を生かした体験型ツアーを企画・運営する組織です。

川根本町まちづくり観光協会内で1年、川根本町役場観光商工課内で3年、お世話になりました。

「元来が出不精、運動神経なし、アウトドア経験なし」の私が、この仕事を通して生まれて初めての経験をたくさんさせてもらいました。山登り、カヤック、木こり、草木染め、ヨガ、バードウォッチング、田植え・稲刈りなどなど。

川根本町でこの仕事をしなければ、一生経験することがなかったことばかり! 楽しい仲間たちやお客様との出会い、川根の四季折々の美しい自然のおかげで、私の人生はどんどん豊かになっていきました。

   

移住者の私だからできることを…

移住定住ガイドブックにも登場しました(2019年、エコティかわね制作)

2016年4月1日、 町内の仲間たちと一緒に 一般社団法人エコティかわねを立ち上げました。川根本町エコツーリズムネットワークの事業をもっと発展させ、さまざまな分野でまちづくりに関わりたいと思ったからです。

体験型ツアーの企画・運営だけでなく、農業や林業など他分野にも関わるように。2018年には川根本町初の移住定住ガイドブックの作成に携わりました。

これを機に川根本町からの移住相談業務を受託し、移住者の方からの相談を受けたり、町内をご案内したりするようになりました。

静岡まるごと移住フェアにて(2019年1月)

2019年1月、東京で行われた移住相談会にも出席しました。相談会にはいろんな方が来られます。 移住の動機 や希望することも千差万別です。

仕事のこと、住居のことはもちろん、学校、子育て、医療、農林業、補助金など、さまざまな知識や経験がないと、一人ひとりには寄り添えません。

そう感じてはいたものの、エコティかわねの他の仕事と並行しながらでは、なかなか移住の仕事に注力できずにいました。

そんな時、移住コーディネーターの存在を知りました。

8年前、川根本町に残ると決めた時、仕事は運よく見つかりましたが、住居探しにとても苦労しました。緑のふるさと協力隊として1年弱住んでいて、いろんな知人に協力してもらったにも関わらず、です。

その当時は空き家バンクの仕組みもなかったし、とにかく田舎には賃貸物件が極めて少ないのです。知り合いの伝手で何とか今の家に住めることになりました。(それから8年ずっと同じ家に住んでいます)

私もそうやって住居探しに苦労したり、見ず知らずの土地に来て新しい暮らしを始めたり人間関係を築いていくことを経験しました。

自分自身が「移住者」だからこそ、移住希望の方の気持ちもよく分かります。その一方で、9年も住めばもういっぱしの「住民」なので、受け入れる地域側の気持ちも知っています。

そんな立場の私だからこそ「移住者と地域の橋渡しができるんじゃないか?」と思い、移住コーディネーターになることを決めました。

  

2020年4月1日、活動スタート!

地名(じな)地区にある 「若者定住促進住宅」の2部屋が
「 移住定住お試し住宅」になっています。

残念ながら2020年5月現在、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、町外からの移住希望者の方の来訪や移住定住お試し住宅の利用を中断させていただいています。(電話やメールでの相談やお問い合わせは受けておりますので、お気軽にご連絡ください)

それでもコロナ終息後に向けて、空き家の調査や情報収集・発信など、できることを着々と進めているところです。

この「川根本町移住ナビ」でも暮らしに密着したリアルな情報をどんどん発信していけたら、と思っています。

    

~ずっと住み続けたい町を目指して~

広報かわねほんちょう5月号 に私の想いを綴りました。

まだまだ未熟な点もたくさんありますが、どうぞよろしくお願いします。

最後まで読んでくださってありがとうございます。 

川根本町移住コーディネーター 神東美希