川根本町移住ナビ

静岡県「川根本町」公式の移住情報サイト

教育・子育て

【教育・子育て】川根本町における児童扶養手当について

児童扶養手当とは離婚・死亡・遺棄などの理由で父または母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立を促進するために設けられた手当です。

助成対象

日本国内に住所があり、次の支給要件のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者又は20歳未満で政令の定める程度の障害の状態にある者)を監護している母、また監護し、かつ、生計を同じくしている父、養育している養育者。
(注釈)所得制限があります

支給要件

1.父母が婚姻を解消した児童
2.父または母が死亡した児童
3.父または母が重度の障害にある児童
4.父または母の生死が明らかでない児童
5.父または母から1年以上遺棄されている児童
6.父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
7.父または母が1年以上拘禁されている児童
8.母が婚姻しないで生まれた児童
9.母ともに不明である児童(孤児など)

次に該当する場合は受けられません。
1.児童が里親に委託されたり、児童福祉施設(通園施設は除く)に入所しているとき
2.児童や父母または養育者が日本国内に住んでいないとき
3.父または母が婚姻しているとき(婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にあるときを含みます)
4.児童が母子家庭などの場合は父、父子家庭の場合は母と生計を同じくしているとき
5.里親に委託されているとき

手当額

【児童1人のとき】
・手当の全額を受給できる方:月額42,500円
・手当の一部を受給できる方:所得に応じて42,490円~10,030円の範囲で決定します。

【児童2人のとき】
以下の金額が「児童1人時の手当額」に加算されます。
・手当の全額を受給できる方:10,040円
・手当の一部を受給できる方:所得に応じて5,020円~10,030円の範囲で決定します。

【児童3人以上のとき】
以下の金額が「児童1人時の手当額」に加算されます。
・手当の全額を受給できる方:6,020円
・手当の一部を受給できる方:所得に応じて3,010円~6,010円の範囲で決定します。

申し込み時に必要なもの

1.印鑑(認印可)
2.請求者と対象児童の戸籍謄・抄本(離婚等の事由が記載されているもの)(注釈)外国人の方は登録済証明書
3.請求者名義の預金通帳(普通預金)(注釈)郵便局を除く
4.年金手帳または基礎年金番号通知書
(注釈)その他必要書類がある場合は窓口で説明します。

以上のものをお持ちになり健康福祉課こども支援室または総合支所窓口業務室で手続きをしてください。

申請先

・川根本町役場 健康福祉課 (川根本町上長尾627)電話番号:0547-56-2224
・川根本町総合支所 窓口業務室 (川根本町千頭1183-1) 電話番号:0547-58-7070

支給方法

手当ては、県知事の認定を受けると、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給がスタートします。前4か月分を年に3回ご指定の口座に振り込みます。
・4~7月分⇒8月11日
・4~11月分⇒12月11日
・12~3月分⇒4月11日

児童扶養手当についてのお問い合わせ

川根本町役場 健康福祉課 (川根本町上長尾627)電話番号:0547-56-2224
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。